クレンジング ルール1

クレンジングは肌に負担をかけるもの。肌への刺激を最小限に抑えることがポイント。
メイクがよく落ちればよいというものではない
毎日のクレンジング、あなたはどんなことに気をつけていますか? 「メイクの落とし残しがないように、しっかりクレ ンジングするようにしている」という人が多いのではないでしょうか。
じつは、そういったクレンジングの考え方には、落とし穴があります。確かに、メイクは落としたほうがよいものです。 でも、メイクを落とすためのクレンジング料にもそれなりの刺激があり、肌に負担がかかります。いくらメイクがよく落ち ても、刺激が強すぎるクレンジング料を使えば、メイクを落とさないことよりも、肌にダメージを与えてしまうことにもな
りかねないのです。
クレンジングは界面活性剤で油性の汚れを落とす
そもそもクレンジングは、ファンデーションなどのメイクアップ料を落とすためにするものです。メイクアップ料は油性 で、水や洗顔料だけではすっきり落ちないため、油分を「乳化」して落としやすくする必要があります。この乳化を助ける のが、クレンジング料に含まれている「界面活性剤」です(メイクが落ちるしくみ)。界面活性剤は少なからず肌に刺激を 与えます。できればメイクをせず、クレンジングもしないことが肌にとってはよいのですが、そうもいかないでしょう。ち なみに、ルースパウダー(粉おしろい)だけを使った場合は、クレンジングの必要はありません。
「界面活性剤」とは?
界面活性剤とは、油と水など性質の違うものどうしの境界面(=界面)に吸着し、界面張力を低下させお互いを混ざりや すくする物質です。化粧品ではクレンジング料などに含まれ、油汚れを水で洗い流しやすくします。液体を乳化してクリー ムや乳液をつくるときにも用いられるため、「乳化剤」とも呼ばれます。 ちなみに、「石けん」にも似たような洗浄力がありますが、石けんの洗浄成分は、界面活性剤ではなく、石けん成分で
す。

 

クレンジング ルール2

クレンジング料は、形状で選ぶのがひとつの方法。 総合的にはクリームタイプがおすすめ。
肌にダメージを与えやすいからこそ質のよいものを選ぶべき
肌への刺激を考えて選びたいクレンジング料。では、実際にどう選べばよいのでしょうか。ひとつは、クリーム、ジェル などの形状を参考に選ぶこと。クレンジング料の多くは、メイクアップ料になじみやすくするための「油分」と、油分を乳 化する「界面活性剤」でできています。その割合によって形状も変わるため、形状から、界面活性剤による刺激や洗浄力が ある程度わかるのです。
多くの人は、クレンジング料を価格や手軽さで選びがち。でも、クレンジング料は選び方を間違うと肌に負担をかけやす いもの。だからこそ、自分の肌に合う、質のよいものを使いましょう。

 

クレンジング料を選ぶときに気をつけたいのは、クレンジングをするときに肌をこする刺激も、肌を傷める原因になると いうことです。指の摩擦が強く肌に伝わりやすい形状のものは避けたほうがよいでしょう。
総合的に考えると、適度にメイクの汚れを落とすことができ、比較的刺激が少ないのは、クリームタイプということにな ります。また、ジェルタイプのなかでも、乳化させた乳白色のジェルならばよいでしょう。ただし、形状はあくまでもめや す。クリームやジェルのなかにも刺激の強いものもあるので、実際に自分の肌で試して選びましょう。